しんご頑張りニュース−活動日記国政の動き

【17.03.25】 昭恵氏の意向なかったか・・指示なしの照会なら大問題 森友の国有地取引 小池氏が追及

参院予算委 首相否定「忖度ない・・・しんぶん赤旗より

   参院予算委員会は24日、国有地格安売却問題などに関わる学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典氏の証人喚問(23日)後、初めての集中審議を行い、日本共産党の小池晃書記局長、辰巳孝太郎議員が改めて安倍晋三首相ら政権側の責任をただしました。
(論戦ハイライト)

写真

(写真)質問する小池晃書記局長=24日、参院予算委


 小池氏は、籠池氏からの要請に応えて安倍昭恵首相夫人付の政府職員が国有地取引に関する問い合わせを財務省に行っていた問題を取り上げ、昭恵氏の関与について正面からただしました。安倍晋三首相は「忖度(そんたく)はされていない」との弁明を繰り返しました。

 籠池氏は証人喚問で、国有地の定期借地契約の期間延長を要請するため昭恵氏に電話で連絡して留守番電話にメッセージを残したうえで、首相夫人付の政府職員・谷査恵子氏に資料を送付、2015年11月に谷氏からファクスで財務省からの回答を得たと証言しています。

 小池氏は「首相夫人の指示もなしに、夫人付のスタッフが勝手にそんなことをやっていたのなら大問題だ」と指摘。「昭恵首相夫人の意向が示されたはずだ」とただしました。

 菅義偉官房長官は、谷夫人付が独自の判断で行動したと主張。安倍首相も「(財務省の回答は)ゼロ回答であり、妻が関与したことにはならない」などと弁明しました。

 小池氏は、夫人付が送付したファクスには、財務省の国有財産審理室長に問い合わせを行い、土地改良費用の立て替え払いについて森友側の要望に沿って「予算措置を行う方向で調整中」とまで書いてあるとして、「ゼロ回答ではない」と指摘。首相夫人付の問い合わせを受けた国有財産室長は16年3月に籠池氏と本省で面会し、その後、対応のスピードが上がって「神風が吹いた」と籠池氏が証言していることをあげ、「(どういう力が働いたのか)徹底的に解明する必要がある」と強調しました。

鴻池氏に聞き取り 麻生財務相が「事実を確認」

   小池氏はまた、籠池氏からの陳情を受けた事実を明らかにした自民党の鴻池祥肇参院議員に聞き取りをしたのかどうかを追及。麻生太郎財務相は「事実かどうかだけ確認した」「あなた(小池氏)が読まれた通りだ」と、事実関係を認めました。
 写真は、犬のわなにかかったタヌキ

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
これまでのしんご頑張りニュースはこちらから
RSSフィード(更新情報)